痩せる筋トレを自宅で簡単にできる方法

少し前までは痩せる運動といえばジョギングなどが主流でしたが、最近では腹筋女子などと呼ばれる筋トレをする女性が増えていますね。

 

痩せるには筋トレが効果的だと、引き締まったお腹やキュッと上がったお尻を目指してみなさん頑張っています。

 

痩せるにはなぜ筋トレが効果的なのか、そして、どんな筋トレをすればいいのかを順に解説していきたいと思います。

 

痩せるのにどうして筋トレが効果的?

痩せるためにジョギングや水泳などを始める人も多いと思います。

 

ジョギングや水泳は有酸素運動といわれる運動で酸素をメインにエネルギー代謝を行う運動でウォーキングやヨガなどもこれにあたります。

 

有酸素運動は脂肪燃焼効果が高くダイエットにも健康維持にも効果的なのですが、心地よく汗をかき運動したという安心感から食べ過ぎてしまう癖がつきやすいと言われています。

 

また、有酸素運動だけだと「異化」といって筋肉が分解してしまう現象が起こります。

 

その結果、体重は減るかもしれないけど代謝が落ちてしまいリバウンドしやすくなるといわれています。

 

そこで、筋トレでしっかりと筋肉を鍛え代謝をあげることによって痩せやすい体を作ろうということなんですね。

 

とは言っても、筋トレはどうしても苦手という人もいるかもしれません。

 

痩せるにはまずは体を動かすことが大事ですから、ジョギングでも散歩でもとにかく体を動かすことから始めましょう。

 

その上で筋トレも少しずつ組み込んでいければいいですね!

自宅でできる痩せる筋トレ5選!

筋トレといってもジムに通ったりするのは時間もお金もかかりますし、人に見られずに運動したいと思う方も多いと思います。

 

そこで、自宅でできる筋トレをいくつかピックアップしましたので是非参考にしてやってみて下さい。

スクワット

下半身には大きな筋肉が集中しているので、ももやお尻の筋肉を使うスクワットが最もオススメです。

 

1)両足を肩幅かそれより少し広めに広げて立ち、両腕は前に伸ばすか下に自然におろす。

 

2)膝がつま先より前に出ないようにしながら、ゆっくり膝を曲げ腰を落とす。

 

3)反動をつけずにゆっくりと立ち上がる。

 

10〜15回を一セットにして2〜5回を目安にしてください。

ヒップリフト

ヒップアップにも効果的な筋トレです。

 

1)仰向けに寝転がり膝を曲げて立てます。

 

2)足で床を押しながらお尻をゆっくり持ち上げます。

 

3)ゆっくりとお尻をおろし元の位置に戻ります。

 

簡単に感じる人は片足でやるとお尻への負荷が高まります。

腕立て伏せ(膝立伏せ)

1)手を肩幅くらいに床につき足は後ろへ伸ばします。足から肩まで体が一直線になるようにします。

 

2)そのままゆっくり肘を曲げ、なるべく深く胸を床の方へ下げていきます。

 

3)ゆっくりと腕を押し戻し、元の体制に戻ります。

 

女性は腕立て伏せがキツイと感じる人が多いです。キツ過ぎる場合は膝も床につけると負荷が減るので、まずはそれでトライしてみましょう!

クランチ

お腹の贅肉が気になるならクランチで腹筋を鍛えましょう。

 

1)仰向けになって膝を立て、手は頭の後ろで組みます。

 

2)そのまま反動を使わずにゆっくりと上体を起こします。

 

3)ゆっくりと元に戻ります。

バックエクステンション

背中の贅肉が気になる人はバックエクステンションを多めにしてみて下さい。

 

1)うつ伏せになります。手は体の横でも頭の上で組んでもいいです。

 

2)ゆっくりと体を後ろに起こしていきます。

 

3)ゆっくりと体をおろし元の姿勢に戻ります。

痩せる筋トレのまとめ

自宅でも簡単にできる筋トレをいくつかご紹介しましたが、今まであまり運動をしていない人にはキツイものもあるかもしれませんね。

 

少しづつでも続けていれば慣れてくるので是非チャレンジして下さい!

 

筋トレをしている人の間では筋トレの効果をアップするものとしてプロテインや筋肉サプリを摂取するのが常識になってきています。

 

その中でも今回お勧めするのは「クイーンズスリムHMB」という女性用の筋肉サプリです。

 

女性用というだけあって、筋肉への効果だけでなく脂肪燃焼や美容効果のある成分も含まれているので、効率的に痩せられる、綺麗に痩せられると人気があります。

 

興味のある方は下のリンクから公式サイトを覗いてみて下さいね!