痩せる運動メニューはこれ!

「お腹の周りが気になる」「脚が細くなりたい」など体型の悩みは尽きないですよね。

 

ダイエットをするには運動は欠かせない要素ですが、効果が感じられないとなかなか続かなかったりするんですよね。

 

なので、効率的に脂肪を燃やし、なるべく短期間で痩せる運動メニューというのが必要になってきます。

 

また、短期間で効果を感じるには、やみくもに運動するよりも効果的な運動の順番もあります。

 

痩せる運動メニューと共に順番も一緒に紹介していきますね!

 

ダイエットの効果をアップする痩せる運動メニューとは?

なるべく早く、そしてリバウンドなしに痩せたい!

 

ダイエットに臨む人なら誰でもそう思いますよね。

 

運動には筋トレなどの無酸素運動とウォーキングなどの有酸素運動の2種類がありますが、効率的に痩せたいと思うならこの両方を取り入れていくことが大事なんです。

 

では早速、痩せる運動メニューを見ていきましょう!

まずはストレッチから!

急に激しい運動を始めると怪我のもとになりかねません。ストレッチで体を温め運動の準備に入ります。

 

ストレッチにも種類があって運動の前に最適なのは「動的ストレッチ」といわれるタイプのストレッチです。

 

これは体の反動を利用するストレッチですが、腕を上下に大きく上げ下げしたり脚を前後に振ったり、体を横に倒してから戻すというのを繰り返したりするストレッチです。

 

これによって体が温まり可動域も広がります。

筋トレで脂肪を燃焼しやすい体に!

ストレッチの後筋トレをします。

 

筋トレなどの無酸素運動をすると成長ホルモンが分泌され、脂肪が燃えやすい体になります。

 

筋トレは大きな筋肉を動かすのが効果的。

 

大きな筋肉は下半身に集中しているのでスクワットなどがオススメです。

 

他には大胸筋を鍛える腕立て伏せや腹筋を鍛えるクランチなども組み合わせていくといいでしょう。

有酸素運動で脂肪を燃やす!

筋トレで脂肪を燃やす準備ができたらウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。

 

有酸素運動は20分以上続けると脂肪燃焼効果があると言われています。

 

筋トレの後、少し休憩したら時間が経ちすぎないうちに有酸素運動を始めましょう。

 

外に出られない場合は、踏み台昇降などでもいいですし、音楽をかけて踊るというのも楽しくていいかもしれませんね!

ストレッチでクールダウン!

最後はストレッチでクールダウンして終わります。

 

この時のストレッチは運動を始める前とは違って「静的ストレッチ」という体の反動を利用するのではなく、体をゆっくりと伸ばしていくストレッチをオススメします。

 

急に運動を止めると筋肉を動かすことで流れていた血液がその場に留まりやすくなってしまいます。

 

ストレッチでゆっくりと血液を巡らせ、上がった体温をゆっくり下げていくことや筋肉の疲労回復を促します。

有酸素運動プラス筋トレで代謝をアップ!

有酸素運動もいいのですが、有酸素運動だけだと異化と言って筋肉が分解されてしまう現象が起こります。

 

そうすると体重は落ちるかもしれませんが筋肉が減ってしまって代謝も悪くなり、結局はリバウンドの原因になってしまいます。

 

筋トレのような無酸素運動は成長ホルモンの分泌を促し、それによって分解された脂肪が血中に流れ、体が燃焼しやすくなります。

 

有酸素運動が悪いというわけでなく、それぞれに効果の違いがあるので両方をバランスよく組み合わせていくことが大事ですね!

痩せる運動メニューのまとめ

ダイエットに効果的な運動の仕方は
ストレッチ→筋トレ→有酸素運動→ストレッチ、になります。

 

体をほぐし筋トレで代謝をアップして有酸素運動で脂肪燃焼、そしてクールダウンで体を整えて終わります。

 

これだけでも効果はありますが、さらに効率よく痩せるために出来ることがあります!

 

それが、筋肉サプリを摂ること。

 

筋肉サプリは効率良く筋肉の増強回復を促し、代謝をアップできるように考えられ、そのために必要な栄養素がギュッと凝縮されているんです。

 

中でもオススメはクイーンズスリムHMBという女性用の筋肉サプリ。

 

あの腹筋女子で話題になっているゆんころがプロデュース、愛用しているといえば効果も保証されたようなものではないでしょうか?

 

クイーンズスリムHMB、興味のある方は公式サイトで詳細をご確認下さい!

 

まずは痩せる運動メニューにトライしてみること、その上で筋肉サプリの使用をオススメします。